2009年3月にアメリカ中西部で産まれたJoe君の成長日記。
2017.06    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
>> スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21.09.2010
comment:2
trackback:0
おっ君に面会。
>> おっ君 / Theme:犬と子供の幸せ / Genre:育児
明け方に手術になったおっ君ですが、その日の朝には、術後は経過良好といわれました。

合併症なども特に今はないそうです。

おっ君の様子、やはり見たいので、電話して、行ってみました。
てっきりケージの中にいるのを見せてくれるだけだとおもっていたら、おっ君はもう歩けるみたいで、ちゃんと診察室に案内してくれ、おっ君を連れてきてくれました。


無残に下半身からかなり毛が刈られていて、傷口はちょっと腫れていたけど、ヨロヨロ歩いてきました。


まだ麻酔のせいかすっごい眠いみたいで、座っていても、目が閉じてしまうのです。


5分ぐらい見て、帰りました。経過良好なので、このままいけば明日帰れるそうです。
スポンサーサイト
とっても大変でしたね・・・(涙)。1人のときに、そんな大変なことが起こるなんて・・・。正直、子供1人がすごいぐずり方しただけで、イヤになってしまうときがあるのに・・・。色んなことが重なってしまって、つらかったですね。

確かに、安楽死とか言われるとぞっとしますね。わたしだったら、もうその場にいれないかも。動揺しちゃうと思います。それに、手術もかなりの大金でよね。こういう話、よく聞きます。でも、手術も無事に終わったとのこと、よかったですね。このまま無事に回復してくれますように・・・。

今、本当に大変な時期だと思いますが、Akikoさんの強さに感心します。がんばってくださいね。
エリママ / 22.09.2010 / URLEDIT
Re: タイトルなし
えりままさん、こんばんわ。
おっ君、退院しました~!
でも、本当に疲れましたよ。精神的にも。私も、動揺しましたよ。ドクターの前で、涙がどーっと出ましたよ。
なんか、テレビの”動物病院24時”とかでよく見る光景に自分がいる。。みたいな。
その夜は、すっごい悲しくて家でも涙がどーどー出ていたけど、子供はそんなの知らないから、普通に元気で、私はあまりおっ君のことを考えられず、それもむかついてストレスでした。悲しむ時間もないよーみたいな。
強くないけど、一人でそんなことがおきてしまったら、やるしかなかっただけです。。。。。
暖かいコメントありがとうございました。



Akiko / 22.09.2010 / URL [ EDIT
   
   


 内緒にする
http://joe0314.blog46.fc2.com/tb.php/192-4b6103ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。