2009年3月にアメリカ中西部で産まれたJoe君の成長日記。
2017.08    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
>> スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
15.05.2010
comment:2
trackback:0
実習終了。
>> 備忘録 / Theme:海外で育児 / Genre:育児
私事ですが、春休み終わってから今までの約2ヶ月間の病院での実習、終了しました。
私の実習グループ6人全員Passしました~



2010 Spring    Cathy's clinical group @ OMH

実習服は学校によって違います。うちは、白のTopsにグリーンのズボンです。
上段向かって左から二番目が先生です。実習では厳しいけど、イタリア系アメリカ人ですっごい陽気な感じ。
この先生で。。。。本当に良かったとおもっています。実習中、すごくたくさんのことを先生から学びました。




これは、私のいつか読み返すための備忘録です。。。

今学期は、最初の2ヶ月をNursing skills class、それに合格したので、次の2ヶ月は病院実習でした。
老人ホームでしか働いたことがなく、病院での実習は、はっきりいって、”はじめて”の連続だったので、特に最初はほんと大変でした。
最後1ヶ月は、ちょっと慣れてきて、いろんな患者さんと出会えて、すごく楽しいときもありました。

私の実習先は、Med/surge Floorといって手術前または後の患者さんが入院するところです。
アメリカでは普通ですが、全個室&病気や手術にもよるけど大体1-2日ぐらいで退院します。


実習スケジュール:

2-3時 (Prep-time)先生から受け持ちの患者さんを告げられる。病院のコンピューターから、その患者さんの情報(Diagnosis, lab results, Care order、Meds info)を調べて、一時間でPathophysiplogyなども調べて、その後のConferenceに備える。

3-3時半  Pre- conference。実習グループ内で、お互いのケースを報告。先生から、かなり質問される。。。一番、怖い時間。。。

3時半ー7時 実際に患者さんのケア。

7-8時  Post-conference また実習グループで、今日のケースの報告会。



やったこと
Head to toe assessment,vital signs,インスリン注射、そのほかの注射、G-tubeの患者さんの薬投与、経口薬、手術の傷口のガーゼ交換、I&O、点滴やIV piggy bagのセッティング。。。などなど。(Level 1の学生なので、こんなもんです)


私の受け持った患者さん
肺炎&CHF
Bilateral knee replacement 
Ulcerative colitis (colonoscopy)
Anterior hip replacement
Progressive suplanuclear palsy
Appendicitis
Right leg amputation
肝硬変



などなど。思い出せる限り。
毎回がほんとチャレンジって感じ。今日はどういう患者さんなんだろう。。。とすっごいどきどきしました。大変な病気じゃないといいな。。。なんて。入院している診断以外にも、糖尿病とか、高血圧症とか、大体いくつか病気持っています。伝染の可能性があるので、部屋に入るときは、マスクやガウン、グローブしなくちゃいけない患者さんもいて、私はそういう患者さんを実習中2人も受け持ちました。。。(PPE着るの面倒なんだよね。。。)


患者さんのケア、ナースへの報告とか、コンピューターでのChartingなどなど、ほかにもやることは盛りだくさんで、実習時間はあっというまに過ぎていきました。。。




あ、あと、一日、手術見学の機会がありました。(グループ内のメンバー交代で一人ずつ毎週見る)
私が見たのは、乳癌による、乳房全摘出手術でした。初めて、オペ室にはいって、マジかで手術を見、Recovery Roomで、患者さんが麻酔から起きるのを見、その後病棟に運ばれるまでをずっと見ました。
手術室では、さすがにグロ好きな私でしたが、頭をしめつけるキャップや、息苦しいマスク、肉を切るレーザーメスの焼けた匂いとか、そんなんで、さすがに気持ち悪くなりました!!
びっくりしたのは、こんな大変そうな手術なのに、なんと日帰り手術。でも、全身麻酔で患者さんが”帰れない”といったので、病棟で一泊することに。っていうか、日本だったら、一週間は入院じゃないですか??
それぞれナースは、ほんとみんなプロフェッショナル!という感じでした。


そんな感じで、過ぎてみると、”あー、こんなこともあったな”とか良い思い出ですが、実習期間の2ヶ月間は。。。ストレスがすごかったです!やはり卓上の勉強と、実習ってぜんぜん違うんだなあ。。。


以上、備忘録でした。
これをいつか読み返すときは、自分自身がもっとステップアップしているといいな。。。。



スポンサーサイト
すご~~~~~い!!無事終わっておめでとうございます!ほ~んと看護婦さんって、感心します。本当すごいです。これからもがんばってください。応援しています。

うちは、旦那のお母さんが、タイプ1の糖尿で・・・・、かなりKidneyがわるくなっているらしく・・・・。でもとうせきはしないそうで、後Several monthsしかもたないと言われたらしいです。。。なんだか悲しいですね。WA州は安楽死が認められてるんですが、それを選ぶとか・・・。なんだか重い話になってしまいましたが、実習終わってよかったですね~!

レイン君、今日はほとんどお菓子とご飯とバナナしか食べてません・・まったくね~。べ~って出されると、「時間かけて作ったのに!!!」と怒りたくなりますよね(笑)。
エリママ / 15.05.2010 / URLEDIT
Re: タイトルなし
エリままさん、ありがとうございます!
でも、実際はほんとストレスで禿げそうでした。。。
私もナースってすごいな!と実習をとおして思いましたよ。

お義母さん、タイプ1なんですね。実習中、グループのメンバーが透析治療の患者さんをうけもったので、見学させtもらいましたが、透析治療ってすっごい大変です。うちはいとこがタイプ2の糖尿病で透析を週3もしています。
ほんと腎臓って、小さいながら、すっごい大切な臓器なんですよね。お義母さん、大変ですね。。。お義母さんがつらい選択をするということは、だんなさんやエリままさんも、かなりつらいと思います。
病気療養中だとご家族のサポート、精神的にもかなり大変だと思います。

あ、うちもなぜか急に偏食パワーUPしました。ごはんしか食べず!!!
昨日なんかえびグラタン作ったのに(それもジョー君だけに)、一口でべーっと出されました。。。(涙)お互いがんばりましょうねっ!
Akiko / 17.05.2010 / URL [ EDIT
   
   


 内緒にする
http://joe0314.blog46.fc2.com/tb.php/134-235b0803
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。