2009年3月にアメリカ中西部で産まれたJoe君の成長日記。
2017.10    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
>> スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
17.07.2009
comment:4
trackback:0
Joe君のFirst Flight
>> 3ヶ月 / Theme:海外で育児 / Genre:育児
おととい、3週間の日本滞在を終えて、ウィスコンシンにかえってきました。

大変だったのは、やはりJoe君と二人きりのフライト。
前日まで、不安で、いろいろと赤ちゃんとのフライトについて調べていて、とても参考になったので、私も、同じように赤ちゃんと二人きりでかえる方の参考になればと思い、Joe君とのフライトの様子を記しておこうとおもいます。


joejap 034

↑これは成田空港で。
今回乗った飛行機は、JALのシカゴ線。
行き、約13時間、帰り約12時間のフライト。

飛行機に持ち込む荷物は、Joe君のものでいっぱいになりました。
ミルクビン約8本(何かあったときのため)、粉ミルクはすべてビンにいれておきましたが、何かあったときのためにいちおう缶も。

aaaaaaa.gif

飛行機のサービスとして、オムツが機内でもらえます。(予約時に頼む)
シカゴ線では行きも帰りも、ネピアのGENKI!↑でした。2枚入りのをもらえますが、何回でももらうことができます。

joejap 036
↑さあ、飛行機に乗り込みます。
機内で騒いだら。。。とか、いろんなことを考えると胃が痛くなりました。

セキュリティと出国(日本のばあい)
を済ましたら、まず、先にJALのラウンジへ。
そこで、用意しておいた保温の水筒にお湯をいれて、とりあえず、一本ミルクを作っておきました。
成田のさくらラウンジでは、KIDS ROOMがあって、そこでは、ミルク用60度設定のお湯が出るようになっています。
セキュリティでは、なんかいわれたらいやなので、水筒はカラにしておきました。
(どこかのブログで、ミルク用は少しなら免除という話しも聞きましたけど)


飛行機に乗り込んだら。。。(ちなみに乳幼児連れは優先搭乗)

まずは、お隣の方に丁寧にご挨拶。
私は、26A(窓際)のシートでした。バシネット利用の場合、窓側しか取れないのです(たぶん、バシネットがやや窓側寄りのためだとおもいます)。しかし、荷物を取り出したり、子供がぐずったらシートをたったりと、ほんと出入りが激しいので、できれば、通路側の方に事情を説明して、変わってもらうことをお勧め。私も行きも帰りも、”立ったり、出入りが激しいのですいません”というと、隣の方のほうから、快く変わってくれました。
シートにつくと、担当のフライトアテンダントがすぐにやってきてくれます。挨拶などしてくれ、また隣の方に、私たちがご迷惑かけるかもしれないのでと、一言いってくれたりもしました。

離陸するときは、耳ツン予防で、さきほど作っておいたミルクを飲ませました。
ミルクのニップルはSlowで。うちはいつもはRapidですが、そうすると、すぐ終わってしまい、肝心の上昇、下降のとき間に合いません。

バシネットについて。。
バシネットを作ってくれるのは、水平飛行になった状態からです。
中にはブランケット、枕などいれて、まあ、固さはちょうどよいぐらい。でも、予備のため、ブランケットを一枚持っていったほうが良いとおもいます。
バシネットはシートベルトがないので、飛行機が揺れて、シートベルト着用サイン点等時は、バシネットからださねばなりません。行きの飛行機で、静かに寝てくれているのに、飛行機の揺れのため、わざわざJoe君をバシネットから出さねばなりませんでした。。。(涙)
あ、バシネットは絶対確保したほうがいいです!

joejap 037

ちなみに私は行きも帰りもシートは26B(変わってくれたので)。このシートはちょうどよい。
隣が、ギャレー。前は壁をはさんで飛行機のドアなので、ちょっとした通路です。泣いたときはすぐそこに避難。そこには、スナックも置いてあるので、ちょこっとつまみにも行ける、また、トイレも(すごくそばじゃないけど)そこにあるので、バシネットに寝ているときなど、ささっと行ける。
(JALのボーイング747の場合)
お勧めのシートだとおもいます。

joejap 003

やはり、楽しみは、ご飯ですよねー。
行きのフライトはほんと天国で、寝ないとおもってたバシネットでも、置いたらすぐ寝てくれて、そのまま5時間ぐらい爆睡!

ご飯も食べられたし、私も寝て、そのあとは私の大好きな(嵐)桜井翔君のヤッターマンの映画を見れました~。

ご飯は、やはり和食が断然おいしい。帰りは洋食を選んだけど。。。イマイチ。
ちなみに、一回目のご飯のあと、JALでは、メニューの中から好きな食べ物をいつでも、何度でも食べることができるんですよ。

行きは良かったけど、帰りはかなり地獄で、飛行機にのったJoe君はちょろ寝を繰り返し、私は一回目のご飯は人より2時間遅れ、その後のご飯も食べ始めて、5分でぎゃー!と騒がれ食事は中止。
散々で、腹減り状態でのフライトでした。。。

機内でのオムツ交換。。。(↓)

どのトイレにもオムツ交換の台がついているわけではりません。
便器のちょうど真上ぐらいに、台がついていて、開閉式になってます。(当たり前か)
台は、硬いので、おむつ交換の際は必ず、枕用にブランケットを持っていくことをおすすめします。
使用済みオムツは、ビニールに入れて(飛行機でくれます)トイレ内のごみ箱へ。

joejap 040

機内でもらえるお子様グッズ。。。joejap 027

赤ちゃん用ニットキャップ、よだれかけ、歯磨きセット(大きい子用?)、おもちゃ。。。
行きも帰りももらえます。

Joe君の機内での様子。。。
joejap 010
行き↑
結構寝てくれたので、そんなに大変と感じず。
だけど、ぐずりだしたら、すぐシートからでて、歩いていました。
避難場所のお勧めは、一番最後尾。そこらへんは、結構飽きたり、ぐずったりしている子供や赤ちゃんのたまり場?と化していました。なので、そこへは、ほんとよくいきました。


joejap 041
帰り↑
飛行機着陸後。
。。。いまさら寝てんじゃねーよって感じ。
帰りはほんとサイアクの地獄でした。シートに座っていたのはトータルで、2-3時間?あとは、ひたすら、機内をうろうろか、最後尾。
私が寝れたのは30分ぐらい!

機内での服装。。。

夏だから?か、そんなに機内は寒くなかったです。行きは長袖、長パン、でしたが、帰りは、半そで、7部丈パン。靴下ははかせましたが。


フライトアテンダントについて。。。

他ブログでJALのアテンダントは若くて子供の経験がない人がおおいと聞いていたのですが、私の場合、行きは、お世話してくれた担当の方も、ほかの方も、子供がいる方がおおくて、かなり頼もしかったです。帰りは、担当の方や、そのほかの方も、若い方が多かったので、”はずれ?”とおもったのですが、そんなことはなくて、皆さんすごく優しくて、何度も私のシートに来てくれて、いろいろ気遣ってくれました。
両方とも、Joe君に話しかけてくれる方がとっても多くて、気を使っているこっちとしては、嬉しいですよね。
ただ、”おトイレに行かれる際は気軽にいってくださいね、赤ちゃん見てますから”といわれても。。。
皆さんお忙しそうなので、そんなことは頼めず!
それゆえ、私のシートはトイレに近くて、さっと行けるのでよかったですね。

ビジネス?エコノミー?

こんかいは、はじめての赤ちゃん連れだったので、ビジネスにしました。
行きは、前も言ったとおり、Joe君がおとなしかったので、それなりに食事も楽しめたし、映画も、睡眠もとれたしで、よかったですが、帰りは、すべて×だったので、ビジネスに乗っている意味ってあるの?とおもいましたね。
あと、やはりビジネスは、気を使う!
隣の方や周りの方にはすごく気を使いましたよ。ビジネスには赤ちゃん連れで乗るのは非常識というのもネットで見てましたし。私も、もし、一人でビジネス乗っていて、横にギャーギャーうるさい子供がいたら、”サイアク!許せない!”とおもいますもんねー。
ビジネスのところは、ほんと静かーなので、ちょっとでも、Joe君がうるさくしたら、すぐシートを離れる。。。という感じでした。その点、エコノミーなら、ちょっとうるさくても、しょうがないみたいな感じありますもんね。
でも、席がなくても、一応乳幼児料金は、正規料金の10%払わなきゃいけないのです。
無料だとおもっていたのですが、そんなことはなく、どこの航空会社もですよ。

ビジネスのほかの良い点は、やはりスペースの広さ。バシネットで寝かせるときも、通路にはみ出ることなく、子供の体をトントンできますから。

ストローラーについて。

飛行機搭乗まで使えます。その後は、飛行機着陸して、機体の出口付近で受け取ります。
時々、そこで受け取れず、ターンテーブルで受け取ることもあるそうです。
私は、荷物わんさかだったのですが、搭乗前、チケット確認の後、フライトアテンダントの方が、荷物を持ってシートまで運んでくれました。(機体を出る際も同じく)

長くなりましたが、ほんとこのフライトつかれたー。
今となってはいい思い出ですが。。。

これから、赤ちゃんと長距離線の飛行機に乗る方々の参考になれば幸いです。





スポンサーサイト
おかえりなさ~い!
Akikoさん、Joe君おかえりなさ~い。そして、長いフライト、お疲れ様でした。やっぱり子連れでのフライト、大変なんですね・・・。詳細、とってもためになりました。ありがとうございます。

私たちも9月の半ばから10日ほど日本に帰ります。今回はFO-FOも一緒に帰ってもらいます。どうしても1人で帰る勇気がでなくって・・・・。なので長い期間、帰れないのです。それに本当は涼しくなってから・・・・なんて思ってましたが、FO-FOの休みが取れないので9月になってしまいました。どうなることやら・・・・。Economyで帰るし、Unitedだし、バシネットはもう確保できなかったし・・・。あんまりいい条件揃ってないですよね(苦笑)。ドキドキです。

日本でゆっくりできてよかったですね!きっとご家族の皆さんもお友達も楽しかったでしょうね。

これからもAkikoさん&Joe君のブログ、楽しみにしています:)
エリママ / 19.07.2009 / URLEDIT
No title
子連れのフライトお疲れ様でした。帰りはずっと抱っこしてあやしていたなんて大変だったね~。
子供がいないとき、子連れの人がそばの席に座ると、内心「げっ!」とか思っていたので、自分が子持ちになると気を遣うよね。でも、お母さんが一生懸命あやしたり、周りに気を遣っていたら、周りもきっと温かい目で見てくれると思うよ。

子連れでの国際便は帰国するときだけだったけど、うちはカーシートを持ち込んで取り付けました。航空会社にバシネットについて聞いたら、確か予約できない、みたいな答えでした。航空会社によっても違うんだね、きっと。

住環境などはアメリカの方が良いけど、やっぱり食べ物は圧倒的に日本の勝ちだよね。アメリカにいたときは食べたい日本の食べ物がたくさんあったけど、日本にいる今はまた食べたいアメリカの食べ物ってほとんどない。。。
時々とってもアメリカが懐かしくなるけど、すっかり日本に馴染んでしまいました。
Yucca / 19.07.2009 / URL [ EDIT
Re: おかえりなさ~い!
エリままさん、
ありがとうございます。聞けばエリままさんは、宮崎なんですよね。乗り継ぎは長いフライトのあとで、大変だとおもいますが、がんばってください。でも、FO-FOさんと二人なら大丈夫~。私も二人ならエコノミーですよ。今回は、義両親が心配して、チケットをくれたのです。でも、意味なかったし。(笑)
バシネット確保できなかったのは、辛いかもだけど、二人なら交代できますし。
うちも耳ツン予防でタイラノ-ルをいわれたけど、結局使いませんでした。上昇より下降がいたいらしいです。Joe君は、下降しだしたときに、ちょい泣きし始めたので、、ミルクを飲ませ始めたら大丈夫だったですが、赤ちゃんにもよりますしね。でも、9月というのは、夏の真っ盛りよりましかも。。。あまり暑いと、暑くても湿気が少ないシアトル育ちのレイン君にはちょっと辛いかな。
楽しい里帰りになりますよう!
Akiko / 21.07.2009 / URL [ EDIT
Re: No title
Yuccaさん、こんにちは!
たしかに、その母親の態度が大事ですよね。その一生懸命の姿が、周囲の怒りを緩和みたいなー(笑)

そうですよね、Yuccaさんの息子さんも、まだ小さいときですよね、飛行機体験。
うちもカーシートもちこみをかんがえたのですが、当日は満席で、シートを子供のために買ってないと駄目といわれました。バシネットつけられない会社もあるんですね。

日本にはすっかりなじんだけど、ストローラー移動は大変です。駅でのエレベーター探しはほんと大変でした。。。

Akiko / 21.07.2009 / URL [ EDIT
   
   


 内緒にする
http://joe0314.blog46.fc2.com/tb.php/11-d827f266
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。